金融ブラックで通るクレカはありません。

カード会社は、クレジットカードの申し込みをした申込者の属性(年収や職業などの個人情報)を審査基準の対象にして審査を行いますが、審査の材料になるのは属性だけではありません。審査には個人信用情報が必要です。個人信用情報というのは過去の借り入れ状況・支払い状況が記録されている情報のことです。この情報は個人信用情報機関に登録されている情報で金融業界の会社がクレジットカードや融資の申し込み者の審査をする時に参照するために使われています。これらの情報がどこから伝わって登録されているのかというと金融機関からになります。
お客さんが金融機関を利用するたびに情報が送信されて個人信用情報として保管されていくのです。審査の際にチェックされる個人信用情報は金融機関の申し込みの回数やお断り状況、金融機関を利用した際の延滞状況になります。過去に金融機関の申し込みを短期間に繰り返したり何度もお断りされている人、延滞履歴や債務処理のある人は俗に言う「金融ブラック」扱いになり、今後の金融機関の申し込みにおいて審査で非常に不利な情報を持つ人ということになってしまいます。なぜ金融ブラックがあると審査で不利なのかというと、申し込みやお断りを繰り返している人は他社の借金を返済するための自転車操業的な申込み方をしていることが疑われますし、延滞履歴のある人は支払い能力が低いと判断されやすいためです。特に債務処理の経験のある人は、借金をしても支払いをしてくれなかった人とみなされ金融機関がお金を貸し出すことはないでしょう。自己破産があればクレカを持つことはできなくなり生活で不便な思いをする事になるでしょう。
個人信用情報が金融業界以外に公開されることは基本的にはなく自分が金融ブラックかどうかは分からないものですが、過去の明らかな延滞履歴に身に覚えのある人はクレカの申し込みをしても審査には通過できないかもしれない、と考えて良いかもしれません。ちなみに誰にでも一、二度のうっかり返済し忘れという失敗はあり得る事なので、少々の延滞ならまず金融ブラック扱いになることはありません。また金融ブラックといっても名簿があるわけではないので、ブラック扱いをするかどうかは個人信用情報を参照する金融業者の総合的な判断に任されることになります。場合によっては良くない情報があってもクレカの審査に通過する可能性もありますが、基本的には金融ブラックがあればクレカは作れないと思っておいたほうがよいでしょう。