延滞を放っておくとキャッシングブラック決定してしまいます

クレジットカードは便利ですが、計画的に使わなければ使い過ぎを招くこともあります。クレカを使い過ぎてしまうと代金の返済をする時に家計の負担が大きくなり、場合によっては延滞してしまう人も少なくありません。当然、クレカを発行する時にはカード会社の規約を了承した上で契約を行っていることになり、規約の中でも代金の支払いは返済期日に必ず行うことが決められていますから絶対に延滞をしてはいけないのです。カードで前払いのサービスを提供したお客さんがその代金を支払ってくれないことになるとカード会社の損害が生じることになります。
そのため延滞したお客さんには代金に加えて延滞手数料が加算されて請求されることになります。たまに返済期日までに口座に入金し忘れて引き落としができなかったという人もいます。延滞手数料は日割り計算で加算されていくので、もし返済しそびれてしまった人は別の形で一刻も早くカード会社に返済するようにしましょう。カード会社からの返済を促す連絡にも全く応じず、数か月以上の延滞を通り越すようになるとキャッシングブラックとみなされ、カード会社からの督促も強化されてくるはずです。延滞履歴はリアルタイムに個人信用情報機関に送信されるので、延滞の起こっているカード会社だけでなく金融業界全体にその情報を共有されることとなります。ですからほかの金融業者からもキャッシングブラック扱いされるようになってしまうことでしょう。例えばあるクレカの借金返済に充てるお金をまた別のクレカで支払おうと新規にカードの申し込みをしても、キャッシングブラックのために審査には通過できなくなります。また延滞した借金を完済した後も5年間くらいはブラック情報は消えないので、その間はクレカの新規申し込みやキャッシングの申し込みも審査に通りにくい状態となってしまいます。
特に延滞の中でも自己破産といった重い事故の場合、クレカは強制解約となり個人信用情報が更新されるまでは新規のクレカを作ることはできなくなってしまいます。クレカで支払いを済ませることの多い今日、クレカがないというのはかなり不便になってしまうかもしれません。そのようなことにならないためにも、クレカを限度額ギリギリまで使い続けたり複数のカードを同時に使ったりして返済の額を大きくしてしまうことは避けましょう。持ち金がなくても支払いができてしまうので大きな気持ちになってつい使ってしまいがちですが、あくまでも前借りしているお金で支払いができていることを忘れないようにしたいものです。