ブラックリストにはそう簡単にはのりません。ただ、長期延滞などはダメ

計画的にクレジットカードを使わないとついつい買い物やキャッシングをし過ぎてしまい、請求書が来てから青くなるといったことが起こりかねません。あくまでも無理のない返済ができる範囲でカードを利用することが必要です。中には請求されている金額が支払えずにその月の返済ができなかったという人もいます。返済期日に返済しないと「延滞」ということになり、カード会社からは返済を求める連絡が来るようになりますし個人信用情報機関にも延滞履歴が登録されてしまいます。このような金融機関の延滞履歴はブラックリスト扱いになり、今後金融機関を利用する時の信用が損なわれるものとなってしまいます。ブラックリストにのってしまうとクレジットカードの審査には通過しにくくなってしまいます。
延滞履歴が良くないほど審査では不利になり、自己破産のような深刻なブラックだとクレジットカードは強制解約、その後も新規のクレジットカードを作ることはできなくなってしまいます。ブラックリストは5年くらい消えません。どの金融機関で申込みをしてもブラックリストが原因で審査に通過できなくなってしまうので延滞しないように気をつけましょう。1回でも延滞してしまうとカード会社や個人信用情報機関には記録されてしまいますが、1回くらいの延滞ならばブラックリストには乗らないものです。また返済できなかった時もすぐに返済すれば、延滞手数料は発生しますがカード会社からの信用が大きく落ちることはありません。できれば返済できなかった時はすぐに気づいて自らカード会社に連絡することをおすすめします。金融機関がブラックリストとみなし始めるのは延滞が3回を超える頃と考えて良いでしょう。
すでに金融機関のほうからは文書か電話で延滞が起こっていることの連絡は届いているはずなので、それにもかかわらず長期の延滞を続けるお客さんには信用がなくなってしまいます。そしてクレジットカードの限度額が引き下げられたり強制解約が実行される可能性が出てきます。クレジットカードの利用にこのような制限がつくと困るという人は、まず延滞しないように適切にクレジットカードを使う必要があります。もし返済残高が大きくなってしまったけれども事情があって支払いが不可能という場合には、債務処理という法的な手段で解決することもできます。ただし債務処理で借金が解決してもブラックリストは一定期間消えないので延滞は避けるようにしなければなりません。