審査のゆるいクレジットカードは確かにあります。ただ、程度にもよります。

カード発行の申し込みをした後にカード会社からお断りの連絡が来る場合があります。これは審査に通過できなかったことによります。クレジットカードの会員になるには、カード代金をきちんと支払うことができ、いつでもカード会社と連絡が取れる人でなければいけないからです。審査では申込者が申込書に記載した個人情報をもとに審査を行い、クレジットカードの会員としてふさわしいかどうか判断を行います。審査基準はクレジットカードによって異なるので、審査に通過したいならば審査基準のゆるいクレジットカードを選ぶ必要があります。
審査基準のゆるいカードというのは、一般に限度額が低く機能がシンプルになっているものになります。逆に審査基準の厳しいカードというのは限度額が高く特典や機能がたくさんついているゴールドカードやプラチナカードといったステータスの高いカードになり、それなりに高収入だったり社会的地位が高くなければ審査に通過することが難しくなります。年齢が若い人や収入が高くない人は審査に通過しにくいこともあるので限度額が低く機能がシンプルなクレジットカードを選ぶと良いでしょう。クレジットカードの審査では個人情報だけでなく個人信用情報も参照します。個人信用情報が優良だと審査に通過しやすくなりますが、延滞履歴、金融機関の申し込みに断られた履歴がとおったネガティブな情報が記録されていると審査に通過しにくくなってしまいます。特に長期延滞、多重債務、金融機関の申し込み回数が多いといった記録は良くありません。借金が返済できないといったブラックリストがある場合には審査に通過できる確率は低くなるでしょう。借金を支払う能力が低いと判断されると、審査基準のゆるいクレジットカードでも審査に通過することはかなり難しくなるかもしれません。ただ、中には現在の借金や延滞がなく支払い能力に問題ないと判断できれば過去のブラックリストがあっても、信用できるお客さんとしてクレジットカードの審査に通過できるカード会社もないわけではありません。
少なくとも現在のステータスがよっぽど良くなければ信用を回復することは難しいとも言えます。ただ、過去にブラックリストに乗ってしまっても一生クレジットカードの審査に通過できなというわけではないということです。また、あるカード会社の審査に落ちたからといって短期間にあちこちのカード会社に申し込みをするのも良くありません。自転車操業的なカードの使い方をするのでは、とカード会社に警戒されてしまうからです。もしカード会社の審査に落ちてしまったらしばらく期間を空けてから、自分のステータスに合ったクレジットカードを選んで、申し込みを試みるようにすると良いでしょう。