カードローンブラックかな?と思ったらまずCICやJICCで情報開示請求してみましょう

クレジットカードを使っていた人で延滞を起こしてしまった人はカードローンブラックになっている可能性があります。ブラックリストに乗っているかどうかということは、個人信用情報の情報を確認しなければ分かりません。ちなみにブラックリストというのは、ネガティブな情報という意味にあたり、そのような名簿が存在するわけではありません。一定期間が過ぎるとブラックリストの情報は消えます。日本の金融機関が個人信用情報を登録している機関にはCICとJICC(日本信用情報機構)があります。CICとは経済産業省から割賦販売法に基づく指定信用情報機関として指定されている信用情報機関です。延滞は5年、任意整理は5年、自己破産は7年の間、CICに記録が残ります。JICCは内閣総理大臣から貸金業法に基づく指定信用情報機関として指定されている信用情報機関です。延滞は1年、任意整理は5年、自己破産は5年、強制解約は5年の間、JICCに記録が残ります。消費者金融やクレジットカード会社などの金融機関はお客さんから申し込みがあるたびにCICやJICCなどに照会して審査を行います。
ブラックリストに乗っている間にはいくらほかの会社に申し込みをしても審査には通過しにくくなってしまいます。審査に落ちた理由や個人信用情報というのは金融機関に尋ねても教えてもらうことはできません。もし、自分がブラックリストに乗っているのではないかと気になる場合には、CICやJICCに情報公開提示の請求をして自分の個人信用情報を確認することが可能です。
個人信用情報を確認したい場合には機関の窓口または郵送やインターネットなどで確認の請求を行います。手数料と本人確認書類などが必要になるので機関で請求方法を確認すると良いでしょう。入手できる信用情報開示報告書にはいつクレジットカード発行やキャッシングの申し込みをしたのか、どんな内容か、支払い状況はどうか、事故を起こしていないかといった情報が記載されています。多重申込み、3か月以上の延滞、支払いができなくなり保証債務が履行された、裁判所から破産宣告が出たといった記録はブラックリスト扱いになってしまいます。もしこれらの記録が記載されていたら、金融機関に申し込んでも審査に落ちる可能性が高いと考え、ブラックリストが消えるまでの期間中は新規に申し込みをするのは見合わせたほうが良いでしょう。また今後はカードローンブラックを防ぐためにクレジットカードを使い過ぎないように気をつけることも大切です。